4月のスケジュール

久しぶりの雷。春雷って言葉があったなあと思うと、雷もそこまで嫌じゃなくなる。

それにしても春ってそういえばなかなか来ないものでしたね。少しコートを薄手にしたけどそれでは寒くて、結局春はいつも寒い思いをしてしまう。

 

さってさて。4月のスケジュールです♪♪♪

まず5日(火)、今月で3回目の出演となる珈琲美学にて、1月ぶりの私のトリオ、ファルコン、小牧さん&私。今までのレパートリーも、最近はファルコンにエレキも使ってもらうようにしてみたりして、ちょっとずつ面白くなってきてますます楽しい。先日の noraneco kitchen では、小牧さんのオリジナル曲にもひずみまくりのエレキが入って、演奏中の小牧さんの顔がオホホホって嬉しそうになってたのが楽しかった。今回またみんなでどこまでいけるかしら。またみんなで歌う(みんなを歌わせる)つもり。

←←この右側にある画像のチラシ、裏面にはいつものように、ジャズスタンダード曲の歌詞、えりちゃん語訳をつけてみました。今回は、My One and Only Love です。

 

22日(金)は、こちらもちょっとお久しぶりに、ピアノの大崎龍治さんとご一緒。大崎さん以外の方はみなさん、なんとはじめてです。ヴィブラフォンの入っているバンドというのもはじめてだし、なかなかない機会だと思うので、セットリスト考えるのもすごく楽しい。

だってボーカル&ヴィブラフォン、と言ったら、私がまず思い出すのは、Jazz on a Summer Day というドキュメンタリーでもフィーチャーされている、1958年のニューポート・ジャズ・フェスティバル、Dinah Washington の "All of Me"。最初のコーラスを歌って、ヴィブラフォンの Don Elliot がソロを始めると、ダイナもそこに行ってちょっとヴィブラフォンやっちゃう、というやつ。ダイナはほとんど動画が残っていないので、NYですごくダイナが大好きになった時、舐めるようにこればかり見た。久しぶりに見たけど、やっぱりすごいなあー。めっちゃたのしいし。ジャズボーカルってしっとりなイメージをよく持たれるけど、この All of Me、なんて、「つまみ食い? 持ってくなら全部 (all of me) 持ってけ、この泥棒!」みたいなノリだし、いいなあ〜!

 

23日(土)はこれまたはじめての対バン@はじめての Jammin'。10年くらい前、都立大に住んでたこともあるので懐かしいな。対バンの石川晧一くん、セッションでお互い酔っ払っている時しか会ったことないので、こんな場でお互いちゃんと演奏してるところを目にするとはなんだか不思議じゃ。。。いつだったか馬場のコットンで眠くなって寝てしまって、目を覚ましたら、晧一くんに椅子にされていたことがあったが、会うのはそれ以来かな?お久しぶり〜!私のことを覚えていますか〜(^^)/

私が共演させていただくゆりちゃんバンド、先日このトリオを聴きに東中野に行ってきましたが、私の好きな曲たくさんで、特に Junior Mance の "Jubilation" 、NYでジュニア本人の演奏聴いて以来ですごく嬉しかった。そういえばジュニアも若い頃ダイナのバンドでピアノ弾いてたんだもんなあ。あの頃の人たちって本当にすごいなあ。

ジュニアのバンドでベースを現在に至るまで10年以上弾いているのは、Hide Tanaka さんという日本人の方なのですが、そのヒデさんが Facebook でしていた話、ちょっとこちらでシェア。(以下、Hide Tanaka さんの Facebookページ より)

 

 

ジャズのゴールデンエイジ、1940年代から1970年代あたりまでに名を成したほとんどのジャズミュージシャン達はクリエイターでした。

この時代はどんなに才能があって上手くても、誰かに音が似ている人はほとんど世に出て来れなかった。

もう10年以上前、僕がジュニアのレギュラー ベーシストになって最初に言われたのが、
「どのベーシストを勉強してもそれは君の自由だけど、ステージの上では決してその勉強したベーシストのような音は出さないでくれ!」でした。

ジュニア自身は、ある時点でたとえ自分の音であっても、もう過去の自分と同じ音楽を繰り返す事は嫌がるようになりました。「それは俺がもう何十年も前にやった音楽だし、レコーディングも残ってるんだから、聴きたきゃそれを聴いてくれ!」

 

(以下略)

 

 

ヒデさんから聞くジャズミュージシャンたちの話というのがものすごく面白いのですが、このエピソードもとても心を揺さぶられるものがあります。

 

なんだか自分の今月のスケジュールを書くつもりが脱線しまくってしまった。。。

以下、私の今月のライブです。

脱線ついでに、Dinah Washington の持ってけ泥棒 "All of Me" の動画も最後につけてみます。

 

それではみなさん今月もお待ちしてまーす♡

 

 

 

4月5日(火)

学芸大学・珈琲美学

7:30p / 9p (open 6:30p)  3300円

Guitar:  ファルコン
Bass:  小牧良平
Vocal:  Eri Liao

 

 

4月22日(金)

表参道・Jazzbird

7:30-11p (open 6:30p)  1600円

Eri Liao Vo

佐野 宏 Vib

大崎 龍治 P

風早 龍也 B

花見 至常 Ds 

 

4月23日(土)

都立大学・Jammin'

7:30p / 9p (open 7p)  2500円(ピアノの石川晧一くんのバンドと対バンです!)

石川晧一(p)  萩原優(as)  Riccardo Lovatto (g)  間亮介(b)  佐藤順(ds) /

Piano:  佐々木ゆり

bass:  伊地知大輔

drums:  奥村純平

vocal:  Eri Liao