Thank you, noraneco!

noraneco kitchen Jazz Night!! 無事終了しました〜!

みなさまありがとうございました!!

 

曲順間違えたり、多少の行き違いなどありましたが、

全員で積極的な演奏ができて、とても良かったと思います。

 

左はお客様が動画から写真にしてくださったライブの一幕。

ベースも弾かずにニヤニヤ(苦笑い?)する小牧さん、ファルコンのこのポーズ&ムフフ顔、そして前かがみで後ろを振り返る私の姿勢。

これは間違いなくあの曲だにゃ。(ヒントはテレサテン)

こんなの Jazz Night!! でやっていいのかしら、とも思ったけど、

こんな曲をみなさんライブで聴く機会はまずないだろうし、楽しいからいっか♪

ということでやっちゃいました。楽しかった!

 

先日、Eri Liao Trio の動画を Youtube で見たと、NYのミュージシャン大先輩からふと連絡があり、いいところを褒めてくれたり、もっとこういう風にもできるよ、などのアドバイスをくれたりした。(あくまでこれは自分個人の意見だからね、と注をつけて。アメリカ人ミュージシャンのあの「褒めて伸ばす」という姿勢のブレなさ、相手が自分より年下であろうが自分より経験が足りない者であろうが、「今私の話しているこの相手は、私と対等な、才能ある一人の音楽家なんだ」と対話する相手を信じて尊重する心、本当に頭が下がり、尊敬します。)

タイトなスケジュールの中、わざわざ連絡を取って私に話しにきてくれたことがすごく嬉しかったし、あれ以来毎日自分の励みになっているけど、

中でも嬉しかったのが、

"You are so lucky.  You have a good sounding group to work with."

と言われたことだ。私個人のことで褒めてもらえるのももちろん嬉しいけど(いや、すごく嬉しい)、

やっぱりバンド全体のサウンドを褒めてもらえるって嬉しいなあ。

スタンダードの曲も、ちょっとマニアックなジャズの曲も、突拍子もない中国語の曲も、

メンバーそれぞれが自分の得意なことを存分にやって、相手に刺激されて新しいことに挑戦して、そうやってライブでサウンドを作っていけるのがすごく楽しい。

しかも、なんというか、素晴らしい上司二人のチームに配属された新人の私が、私の名前を看板に仕事させてもらってるようなものだものね。そりゃあやる気になる!

 

そして。

なんとこの日はドッキリゲストがお見えになり・・・

 

 

中学、高校時代の担任の先生が、の、ノラネコに!!(◎_◎)

noraneco kitchen のライブはいつも中高の友達がたくさん来てくれて、この日も来てくれていたので、すっかり同窓会状態で盛り上がってしまいました ^^;

先生はもう引退されたそうですが、あのハリのある声も、あのエネルギーもそのまま。先生ってすごいなあ。。。

写真を見ていると、いろいろ思い出します。15歳なりにいろんなことがあったね ^^

 

よーし明日も頑張るぞー!

演奏も、種飛ばしも!!!

錦糸町の台湾フェス、15時半〜16時にステージにて演奏予定です。みなさんの応援待ってまーす!