ふたつの同じ石頭

週に1度はブログを、とこっそり心に決めていましたが、、早速サボってしまった。

こっそりなのがいけなかったかな?

今日からの私、有言実行!初志貫徹!ブログを毎週更新だー!

 

と、こんなやる気を奮い立たせているのも、ちょいときっかけがありまして。

 

今日も、つい先ほどまで、

ああ、私はまたブログをサボっている、、、と心でつぶやきつつ、

ベランダに出ていつもより丁寧にナスやお花のお世話をしてみたり、

猫やナマケモノの動画を検索して眺めたり、

わかりやすい逃避行為にふけっていたのですが、

そんな逃避中、

私の台湾の親戚に向こうでシンガーをやっている男子がおりまして、

その彼のFacebookページを眺めていたのです。

 

すごい。

めっちゃ仕事をしている。。。

 

ちょうど来月彼のソロコンサートがあるんだけど、

その宣伝用に動画もいろいろ上げてるし、

いろんなラジオ番組にも出演(その様子をFacebookにもあげてる)、

高校とか中学校とか回って宣伝してるし、

写真集も出してるし、

当然、新曲のPVもあげている。

他のミュージシャンのPVにも友情出演?してちゃんと露出。

 

もちろん事務所についてガッツリ芸能活動してるからってのはあるけど、

私、絶対に働いていなさすぎる。。。

たったブログ書くというだけで逃げ回っている。。。

 

あきまへん!めっ!めっ!

DIYミュージシャンたるもの、ブログくらい更新するのです!


さて。まず、ちゃんとライブやってます、の証拠写真。

 

先週、とても対照的な雰囲気の二つのライブでした。

 

写真の通り、

コード楽器がエレキギターかグランドピアノか、ということで、

同じ曲をただただ「せーの」で演奏してるだけでも、もう十分雰囲気は全く違うんだけど、

もっと、

ファルコンギター&なべちゃんパーカッションだからこそ、

太光くんピアノだからこそ、

ということができないかなあ、と考えていました。

 

まず、これだけサウンドが違うバンドなので選曲は趣向がこらせるところ、

変化をつける、プラス、あえて同じ曲をやることで違いが楽しめる曲も含める。

でもそれだけじゃなくて、もう絶対、私のバンドでしかできないことって何かないかなあと考えて、

しかもこれほど違う編成で演奏することによって、より輝く曲とはなんだろう、と考えて、いろいろ試して、

やっぱり台湾のこの曲!

おなじみのアミ族『石頭歌』をそれぞれやってみました。

 


 

ふたつの石頭、みなさんどちらの石頭がお好きですか?

 

ジャズのスタンダードを演奏する時、ライブ会場の雰囲気や、お客さん、共演者などに合わせて(または単純に自分が飽きてきたら)、

いつもやる同じ曲でも、テンポをバラードから思いっきりアップテンポにしたり、スイングからボサノバにしてみたり、とすることがよくあるのですが、

原住民の曲もこんな風にできたこと、自分の中でとても新鮮でした。

 

故郷や家族について、誰しも、いいも悪いもごった煮になったような気持ちがあると思いますが、

台湾のことを、特に台湾を離れていて台湾のことを思うと、私もとてもいろんな気持ちになります。

鹹蛋炒苦瓜が今食べたいのになー、から、ママ元気にしてるかな、から、台湾の将来のことから、小さい頃の思い出から、

私の心の中に「台湾」という形でぽっかり空いた、穴のような、空のような、湖のような、沼のような、

私の心が海のように静かな時、

もしくは私の心が海のように荒れている時、いつも動かずただ浮かんでいる島のような、

私の心が空っぽならそこをふんわり漂う羽のような、

それを私は見上げたり、撫でてみたり、寝っ転がったり、泳いだり、覗き込んで気を失いそうになったり、

同じ台湾のことを考えても、同じ台湾の歌を歌っても、いろんなところに行けるし、行ってしまう。

どんどん行けばいい、行けるのだから、と、私を信頼して一緒に演奏してくれる、

私と一緒に出発してくれて、ついてきてくれて、

先を歩いたり、ふざけてみたり、違う道を見せてくれたり、背中を押してくれたり、

そんなことができる仲間と一緒にライブができるのはなんてありがたいことなんだろうと改めて思いました。

しかも一緒にそれを聴きに来てくださる人もいるのだから!