楽あれば食中毒あり

 写真は23日の茶会記ライブ後・食中毒前、ぬっと立つファルコンリーダーに美味しいビールを奢ってもらい、よろこぶ私。

(茶会記店主・福地さん、茶会記サイトより、薄暗がりが素敵で思わずお写真拝借してしまいました!)

 

屈み腰でトイレとベッドの往復に明け暮れる二日間の後では、全てが遠い夢のよう。。。

でもとってもいいライブでした。あら自画自賛。

 

ジャズのスタンダード歌うのも大好きだけど、それに加えて私ならでは、という歌をうたえたらとも思う気持ちもあって、そう言うと「やっぱりオリジナルでしょう」と言われるんだけど、なぜだろう、オリジナルって全く今の私には降っても湧いてもこない。(ビリー・ホリデイみたいな歌手にいつか少しでもなることができたら、その頃にはきっと、飛行機が目的地に着く間に曲でもひとつ、書いちゃおうかしら・・というのは私の妄想です)いろんなタイプの歌手がいると思うけど、今の私は、これまでにたくさんの人たちが歌ってきている歌を歌いつないでいく一人に私もなりたい、という気持ちが大きく、今回は私の中のそういう気持ちを、今までで一番うまく、自然に表すことのできたライブになったと思う。そう歌わせてくれたファルコン、ありがとう♡ いつも聴きに来てくれる友達にも、今夜は声がスーッと出てたって言われて(どうやら姿勢も良かったらしい)、なんだか嬉しかったな。

日本語の曲、一曲しかなかったけど、ジャズの曲も、台湾の曲も、ブラジルの曲に英語の歌詞をつけたのも、スティーヴン・フォスターに中国語の歌詞をつけたのも、楽しい曲も悲しい曲も、みんな聴いてくれて嬉しかったー!

 

1st:

1.  Afro Blue

2.  The Island

3.  Tenderly

4.  My Favourite Things

5.  Spring Can Really Hang You Up the Most

6.  Love Dance

 

2nd:

1.  水の見た夢(ファルコンオリジナル、ギター・ソロでの演奏)

2.  星の流れに

3.  棕髮珍妮(フォスター作・金髪のジェニー)

4.  路邊的野花不要採

5.  太巴塱之歌(飛び入りゲスト、なんとアラブ・バイオリンの木村伸子も交えて!伸子ありがとー♡)

 

アンコール:

I Don't Want to Play in Your Yard

 

 

では最後まで読んでくださった皆さんにおまけ♡

私のよく歌う日本語の曲、「星の流れに」、昭和22年の原曲はこちらです。