もうすぐEri Liao Trioツアー!

ぼけぼけとブログの更新をサボったまま、いよいよ。

「紅い木のうた」発売記念ツアーまであと2週間を切りました!

先月はありがたいことに毎週ちょっとした選曲と連載を書かせていただいて、

(好きなCDがたくさん並んで宝石箱みたいになった!こちら。)

あー書くのってやっぱり苦しいけどやっぱり楽しいって思ったりしてたのに。。

ブログって、難しいです。

徒然なるままに書き続けるというのは難しいですね。

でもこれから、いろんなところでみなさんとはじめましてするんだし、

行きますよ〜!待っててくださいね〜!くらい言わねば!

11/23の鹿児島を皮切りに12/5の下北沢のツアーファイナルまで、

行きますよー!待っててくださいねー!

 

近況報告らしきことをしてみますと、

昨日は3人でツアーの打ち合わせ&リハ。

「そこの3人って、一緒にいるときどんな話するんですか?」

と先日ピアニストの岡野勇仁さんに聞かれたので振り返ってみると、

小牧さんがちょいちょいと小さなギャグを呟き続け、

ファルコンがそれを拾っては細かく反応(まだ優しくできる時期)、

私はわりかし聞き流す(どうでもよくなってきてる時期)、

という感じです。

あ、どうでもいいわけではなかった、

えっと、鳥のさえずりみたいなもので、

快く聴いてるけどいつもお話しようとするわけではないというか。

そんな感じの仲良し(?)です。

3人で飲みに行ったりとか、お茶したりとか、ランチしたりとか、

ないです。

リハの後、よく行くスタジオ近くにお腹いっぱい出してくれるカレー屋さんがあって、

そこに時々行くかな。昨日も行ったし。

ファルコンはたぶんチキンカレーが好き。

小牧さんはげっ歯類のように綺麗にナンを食べます。

続きを読む

レコ発&アルバム先行発売までたどり着きました。

なんと5月から時が止まっていたこのブログ・・・。

便りがないのは良い便り、元気にしております。今更気付いたけど、ブログを書くのが苦手なんだな、私たぶん。とはいえ始めてしまったし、無理せずぼちぼち続けよう。

不定期にみなさんにセイハローしに参ります (^^)/

 

さて私、5月から一体何をしていたのか。

すごーくアルバム作りを頑張りました!

自主制作ってつまり、いいからお前がやれ、ってことなのですね。当たり前だけど、超実感。

先日、ケーナ奏者の山下Topo洋平さんとお話したとき、

「1枚目、大変でしょ?」

と言ってくれて、ホッとしました。はじめてそんな言葉をかけていただいたのですよ!

そっかーみんな大変なんだね。そうだよね。2枚目からはだいぶ楽だと聞いて、そうか、アルバム作りって出産みたいなもんなんだ。

トポちゃん、先輩ママでした。

私も新米ママなりにとっても頑張りましたので、

明後日の予定日、8/9CD発売記念ライブ、なんとかかんとかCD持って行けそうです。どうぞみなさま楽しみにお待ちください!

 

いやー本当にCDってできるんだなあ。まだ手元にないけど ^^

はじめて自分で何か作ったって感じがしてます。

と同時に、自分で作ったなんて言うのがはばかられるほど、本当にたくさんの、

CDでも作らなければこんなふうに関わり合うこともなかっただろうというような、

思ってもみなかったいろんな方々と、

音楽そのもの、また音楽を介してその先のこと、奥のこと、

こんなコミュニケーションの方法があったんだ、と、今まで自分が意識的に触れたことのなかった世界でやりとりする体験がたくさんありました。

写真は、そんな「やりとり」たくさんしたメンバー二人、そしてCDジャケット作ってくださった小池アミイゴさん。

なんとなく点対称?

続きを読む

5月度 Eri Liao 月末報告

無事生きている証拠に最低限月1はブログ更新しようと思っていたのに、もう少しで5月が終わるところに来てしまった。

いつの間にか初夏。夕焼けの色が変わって、みんなの顔からマスクが取れて、新緑が美しい。

無事にしています。無事どころか!!!

続きを読む

葉桜や、CD進捗状況や

そろそろ桜も散り始めて名残惜しいですが、

近くの川べりを散歩していたら、新芽が顔を見せ始めている木々にうきうきして、

葉桜も悪くない気がしてきた。葉っぱなかったら桜餅も風邪引いちゃう。

 

この季節は、電車に乗っていても、窓の外を眺めてあちこちに桜を見つけて楽しい。

普段はただ早く通り過ぎたいだけの、

途中の駅のいくつもの住宅地の風景の中で、

誰かの小さな庭々や、鉄棒のある公園、バス通りの両側、広い川沿い、小学校の校庭、線路の真横、団地の敷地、よく整理された感じの老人ホームみたいな施設、お寺とそこにつながるお墓、遠くに見える丘の雑木林に埋もれるように、

少しの人の気配さえあれば様々なところに、

立派に枝を広げた太い桜から、金網にへばりついて窮屈そうな若い桜まで、

雨が降っても晴れてても、毎日どの桜も美しく、本当にきれいだ。

そんなことをしみじみ思っていたら、「置かれた場所で咲きなさい」という言葉がふと頭をよぎった。

会社員時代、心のオアシスだった、オフィスビルの1階の紀伊国屋書店で、

お昼休みにうろうろしてたらふと目についた渡辺和子さんの本の表紙。

あの時は、えーっとそれって大手町で咲けってことでしょうか、まじですか、

と、どんよりした気持ちになったけど、

そんな時期でも、私なりにそれなりに根っこを張りめぐらせていたようで、

今はけっこう素直に、ここで一花咲かせてみよう、と思える。

(ちなみに写真は録音終わって一発目のライブ、代々木公園・菜彩グリル いしはらにて)

 

続きを読む 0 コメント

Eri Liao Trio 録音終了!

2日間で14曲、録り終えました〜!!!

スタジオトライブ&エンジニア田島さん、そしてファルコン、小牧さん、

心血注いで素晴らしい仕事をしてくださり、ほんっとうにありがとうございました!!!

 

初日はほぼ休憩なし(ゴメンなさい・・)でワンテイクで録れそうな8曲、

2日目はダビングしたり、遊び心で色々試したりの6曲、

濃密な2日間、終わってみたらあっちゅうま。もう夢のようだわ。。

ライブの雰囲気も、録音ならではの面白さも、どちらも入ったいいサウンドになってとっても嬉しい。

終わって小牧さんの車でみんなでとれたての録音聴きながら帰って、自画自賛、

メンバー本人たちより届けられた絶賛の嵐、

アルバム御殿を建てるだの、「名盤キター!」だの、

誰にも聞かれないのをいいことにギャハギャハはしゃいで、バンドの絆を深めました。。。いや、録音が充実しててすごい楽しかったんだよ!ということです。

 

今回の録音、基本的には、歌+ギター+ベース、or 、歌+ギター+ギター、

そこにファルコンのエフェクターふみふみサウンド、

時々私のパーカッション、

時々二人のコーラス、

の構成なのはいつものライブと同じですが、

今回の録音で使った楽器・小道具類をひとまず並べてみると:

続きを読む 0 コメント